すっぴん美肌美人を目指そう~ビューティーパワーアップ~

敏感にする原因は

美容グッズ

敏感にする原因

エイジング世代の肌が敏感肌に傾く原因はいろいろあります。まず考えられるのが、女性ホルモンの低下です。ホルモンが低下することで、皮脂分泌の低下、乾燥など様ざまな肌トラブルを抱えやすくなります。肌のバリア機能も低下することで、刺激を受けやすい状態になることから、敏感肌に陥りやすくなります。「働く女子の増加」でフルタイムはもちろん、重要な役職につくなど、女性の社会進出が目覚ましい反面、仕事によるストレスや疲労なども深刻な状態になっています。このことが原因となり肌疲れも蓄積され、十分な栄養が行き渡らなくなります。また、最近、ニュースなどでもたびたび取り上げられているPM2.5などの大気汚染も、肌を敏感にさせている原因です。

肌の保護&リラックス

また、ストレスや睡眠不足は、血行不良や慢性的な疲れを引き起こすことから、肌のすみずみまで栄養が浸透しません。結果、バリア機能も低下し、敏感肌になりやすくなります。敏感肌は水分が抱えられず、外からの刺激が入りやすい状態です。保湿を徹底することが大切ですが、水分を逃さないように皮脂膜を作るクリームやオイルで肌を保護するとよいでしょう。洗いすぎや肌を擦るのはNG、角質ケアは控えます。そして、内的なストレスから自律神経が乱れると、肌荒れや乾燥などのトラブルを引き起こすこともあります。湯船にゆっくりつかったり、香りのよいスキンケアを使うのも効果的です。肌がリラックスできる環境づくりを心がけることが大切です。